通販でコンタクトレンズを入手する際の注意点

インターネットが普及し、あらゆるものが通販で手に入るようになりました。高度管理医療機器であるコンタクトレンズも例外ではありません。自宅にいながら簡単に手に入るコンタクトレンズの通販とその注意点についてご説明します。最初に気になるのが、処方箋は必要ないのかということではないでしょうか。最近では処方箋不要というショップも多いです。これは購入者が眼科医の診察の下、コンタクトレンズの処方を受けていることを前提としているからです。つまり初めてコンタクトレンズを使うという方や久々に使用を再開するという方は、まず眼科を受診しなくてはなりません。これは自分のレンズデータを知るためにも必要なことです。度数や直径、カーブの具合など、目の状態は人それぞれ。通販の際には、レンズデータを元に目に合ったものを選びましょう。

通販で買うなら使い慣れた信頼あるメーカーのコンタクト

通販でコンタクトレンズを買うのなら、使い慣れた商品を買うのがベストです。医師の処方を受けて使っている商品なら、引き続き安心して購入することが出来ますよね。トラブルを避けるためにも、新しいコンタクトを使い始める際には医師に相談することをお薦めします。安いからと言って製造元のはっきりとしない海外製のコンタクトレンズを買うようなことは止めましょう。目というデリケートな部分に直に付けるものですので、信頼出来るメーカーのものを購入することが大事です。コンタクトレンズを販売するには高度管理医療機器販売業という許可が必要になりますので、利用を検討しているショップが許可を受けているかどうかも確認してみてください。なお、コンタクトレンズを使用していて違和感や異変がありましたら、すぐに病院を受診しましょう。

大事なのはレンズデータの確認と定期的な受診

コンタクトを買いたいけれどレンズデータが分からないという場合は、以前使っていたコンタクトの箱や容器を見てみましょう。BC(ベースカーブ)、DIA(直径)、PWR(度数)などと書いてあるのがレンズデータになります。乱視用レンズの場合CYL(シリンダー)、AXIS(アキシス)といった乱視矯正用のデータも加わるので、間違えないよう気を付けてください。また、処方箋無しで購入が可能だとしても半年に一度ほどは定期検診を受けるようにしましょう。数ヶ月の間に目の状態が変わっていて、レンズデータが不正確になっているかも知れません。その時々の目の状態を知っておくことが大切になります。通販は使い方さえ間違えなければ安く便利にコンタクトが手に入れられます。自己管理を怠らず、目に優しい生活を送りましょう。